読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクシーのことで質問です。 私がまず乗って、1人

タクシーのことで質問です。 私がまず乗って、1人拾って、2人目を拾って、3人拾わないといかないといけないのですが、それは予約のときに伝えないといけないのですか? むかえを頼んで、目的 地だけ教えたのですがそれだけじゃだめですか?

全然OKですよ。運転手さんに直接言えばいいです。予約の時に伝える必要はありません。

ドイツ:ライン下り・ケルン観光・ブリュール観光についてお尋ねします。来年の8月13日(日)-16日(水)にフランクフルトを旅行します。 昼過ぎに到着してホテルにチェックイン後、シュテーデル美術館(月曜休館)を見学し、市内観光もしたいと思っています。14日は市内観光の続きをしてお土産を買うためスーパーやデパートに行きたいと思っています。15日(火曜日)が祝日なのでショッピングが可能な日は14日(月曜日)だけになります。15日はフランクフルト周辺の世界遺産の観光(ライン下り・ケルン観光・ブリュール観光)を考えています。予定はフランクフルト中央駅7:53-リューデスハイム9:06の列車でリューデスハイムに行き、9:15発のライン下りに乗船(間に合わなければ10:15発),サンクト・ゴアールで下船して列車�

��ケルンに向かいます。ケルンでは大聖堂とヴァルラーフ・リヒャルツ美術館を見学する予定です。ケルン大聖堂がミサのためでしょうか祝日は入場が13時からのようです。余裕があればブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト(世界遺産)へも足を延ばそうと思っています。アウグストゥスブルク城の内部を観るツアーは17時が最終のようなのでアウグストゥスブルク城の外観と庭園を観るだけのして距離のある別邸ファルケンルストはパスしてもと良いかなと考えています。かなり過密なスケジュールだと思っていますがリューデスハイムが10:15になった場合はブリュールを諦めるなど臨機応変に動きたいと思っています。ブリュール観光とヴァルラーフ・リヒャルツ美術館を午前中に見学して13時からケルン大聖�

��を観てからライン下りするプラン(川を逆行する場合は乗船時間が長くなるので効率が悪い)や13日に市内を十分に観光出来てしまえば14日午前中にライン下りを入れるプランも考えています。現実的にこのプランは可能でしょうか。ライン下り・ケルン観光・ブリュール観光についてアドバイス頂けるとうれしいです。よろしくお願いします。

こんにちは。 日帰りで、「ライン下り・ケルン観光・ブリュール観光」は、十分可能でそんなに過密なスケジュールではないと思いますが、朝は少し早起きが必要だと思います。 まず、ライン川クルーズは、9:15発の一番船に乗られた方がいいと思います。リユーデスハイム駅から乗船場までは、徒歩で15分くらいかかりますので、その列車では間に合わないと思います。ご予定より1本早い6:53発のVIAで行かれて、夜の喧騒とは全く違う、静かなリューデスハイムの朝を楽しんでから乗船されてはいかがでしょうか。そして、ザンクト・ゴアール10:55着11:18発の列車で、ケルン中央駅には13:00過ぎには到着できます。 大聖堂は、この時期21:00まで開いていますので、先に「ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト」へ行��

�れるのがいいと思います。ケルン中央駅から列車で15分程でブリュールまで行けます。帰ってから、ヴァルラーフ・リヒャルツ美術館へ向かい、最後に大聖堂というスケジュールなら時間的にも十分だと思います。 日の長いこの時期ですから、大聖堂のライトアップまで楽しむとちょっと帰りが遅くなるかもしれませんし、名物ケルッシュビールとライニッシャー・ザウアーブラーテンも堪能すればなおさらかもしれません。ただ、ケルン⇒フランクフルトは、最速のICEであれば1時間程で到着しますし、時間が少しかかり日付が変わりますが、23時台までICがあります。1日目一杯楽しまれてもいいのでは。 なお、予定がしっかり決まっておられるようなので、ICEやICを含むチケツトは、ドイツ鉄道(DB)のサイトで、事前に予約・購入すると��

�くなる、いわゆる「早割」を利用されるとお得だと思います。 良いご旅行を。